1. ホーム
  2. 授乳中 青汁 Q&A
  3. ≫授乳中に飲んでもいい青汁とダメな青汁

授乳中に飲んでもいい青汁とダメな青汁

青汁は授乳中に足りない栄養素を補ってくれます

サプリや健康食品は妊娠中や授乳中の使用を控えるよう注意書きがされているものが多く見られます。
妊娠中や授乳中はお母さんの食べたものの成分が胎児や母乳に影響しますから、食べ物・飲み物には心配りが必要なのはご存知の通り。
では、青汁はどうかというと、なかには授乳中や妊婦さんは避けたいものもあります。

青汁などの健康食品は「食品」ですから食べる時間や量にこれといった決まりはありませんし、無添加で原材料も安心(無農薬など)の野菜を使われている青汁であれば鉄分や食物繊維補給のためにむしろ利用したいものです。
しかし、商品によっては妊娠中や授乳中には避けたいハーブ(植物)が含まれていたり、食品添加物が多く使われているものなどもありますから、青汁全般が「大丈夫」とは言い切れないのが現状です。

授乳中に青汁を利用する場合は、原材料の品質や使われている野菜、また添加物の有無などを確認して利用するのが良いでしょう。
安心して飲める青汁であればむしろ授乳中に不足しがちな栄養素を補ってくれ、赤ちゃんのためにも良いですし、妊娠中に体重が増えてしまった人にはダイエット面のサポート飲料としても良いでしょう。