1. ホーム
  2. 原料別
  3. ≫授乳中のママ必見!明日葉の青汁で母乳とママの栄養補給をしよう

授乳中のママ必見!明日葉の青汁で母乳とママの栄養補給をしよう

どうせ青汁を飲むのなら自分にあったものを選びたいわよね~。
明日葉、大麦若葉、桑の葉・・・どれにしようか迷っちゃう。
でも、明日葉って「今日、葉を摘んでも明日には新芽が生えてくる」っていう意味って聞いたことがあるし、元気の源になってくれそう!

明日葉の青汁は特に女性に人気ですよ♪
明日葉にしか含まれていない【カルコン】というポリフェノールがめぐりをよくしてくれるので、むくみが気になる人には明日葉を選ぶのをおすすめしてるんですよ。
妊婦さんでむくみ体質の人なんかにもおすすめです。

それ、まさに私にぴったりかも!
ふくらはぎが夕方になるとパンパンになるんですよ!!
あと、青汁って、ダイエットにもいいって聞いたことがあるんですけど、ホントのところ、どうなんですか?

青汁を飲んだだけで痩せる!ということはないけれど、食物繊維やビタミンがたっぷり摂れるので、老廃物を出すのをバックアップしてくれますね。
明日葉のカルコンは中性脂肪の吸収を抑えるという研究結果もでていますよ。
めぐりが良くなるので、セルライトが気になる人にも明日葉はいいですよ。

ふ~ん。闇雲にダイエットにチャレンジするよりも、健康的で良さそう。
メタボ気味のうちのパパにもおすすめかも。

味はどうなんですかねぇ?
子供とパパは青臭いのは飲んでくれなそうで・・・

明日葉の青汁は、慣れるまではちょっと独特の青みを感じるかもしれませんねぇ。
野菜が苦手だったり、青臭さが嫌いな人には、むしろ桑の葉の青汁なんかがおすすめですね~。
桑の葉で作った青汁は「桑抹茶」と言われるほど抹茶のような味で、青汁っぽくないですよ。
桑の葉は糖分をブロックしてくれる作用もあるので、甘いものが好きな人やご飯ものが好きな人は桑の葉の青汁を試してみるといいかもしれませんよ。

ママも安心の明日葉の青汁

ふるさと青汁

ふるさと青汁空気のキレイな八丈島で、農薬や化学肥料を使わず育てられた明日葉が原料になった青汁です。

初回購入時に2週間分がもらえ、それを試して満足できない場合は全額返金保証付き。
1箱30包入りで3,800円、定期購入で3,420円です。

ふるさと青汁 を詳しくチェック!

あしたば生活

あしたば生活トクホ(特定保健用食品)の指定を受けた明日葉の青汁。

1箱30包入りで初回購入時は5%オフの3,040円、定期購入で2,880円、その他まとめ買い割引があります。

あしたば生活 を詳しくチェック!

明日葉の青汁はむくみがちなママに◎ 母乳にも安心のモノを選ぼう

明日葉
「今日、葉を摘んでも明日には新芽が生えてくる」という名前の由来からもわかるとおり、明日葉はとても生命力が強い植物です。
実際にはそこまで成長が早くはありませんが、古くから不老長寿の妙薬とされ、利用されてきました。
普段、あまりスーパーなどでは見かけることの少ない明日葉ですが、明日葉が多く栽培されている八丈島などでは和物や天ぷらなどに利用されている野菜です。
生命力が強く、多くの栄養素を含んでいる明日葉は、特有のフラボノイド「カルコン」が含まれています。
このカルコンが廻りの悪さを軽減してくれるパワーを秘めており、血糖値の改善、肥満予防、むくみ予防などに役立つとされています。
普段あまり食べ慣れない方は、明日葉を食べた時に独特の香りを感じます。青汁にしても、その香りが気になる方もいるかもしれません。
めぐりの良い体を保つことは、母乳にとってもプラスになります。
また、産後・授乳期にはむくみ、便秘、だるさを感じるお母さんも多く、明日葉の利用はそう言った方におすすめです。
毎日手軽に摂取できる青汁と共に、スーパーで明日葉を見かけたときは、試しに購入してみるのもいいかもしれませんね。明日葉が主原料となっている授乳中の方にオススメの青汁には「ふるさと青汁」などがあり、当サイトでも紹介しています。